loading

PRESS ROOM

プレスルーム


PRESS RELEASE

プレスリリース

2014/06/05

エイザス、MRのディテールレベル向上を目的とした「1GO1E 2」を提供開始

ー 医師との対話をサポートする機能で、ベストディテールの発生頻度を増加させる ー

エイザス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:西 章彦 以下、エイザス)は、MRが医師への訪問機会の増大をサポートする「1GO1E(特許出願中)」において、新たに「1GO1E 2」を提供開始致します。

医師への訪問機会の増大に加え、MR個々のディテール水準の向上を目指す「1GO1E 2」

エイザスの「1GO1E」は、製薬会社のMRがタブレット端末を用いた医療情報提供において、訪問先の医師に話し掛ける機会(アプローチ)を増大させ、その後、アプローチからディテールへの移行率を増加させる機能を持つサービスです。

「1GO1E」は、発表して以来、既に複数社の製薬企業において、導入、または検討を頂いております。これは、各企業がMRによるディテール効率の改善を重要な課題と考えており、その課題を解決する機能を有した「1GO1E」が高く評価されている事によるものと考えております。
特に、MR数が減少している企業も出現してきている昨今、MRのディテールの質の向上は、製薬企業各社にとって益々重要課題になっており、エイザスではその様な課題に対応できる様、新たに「1GO1E 2」を提供するに至りました。

「1GO1E 2」は、アプリケーションに専用の医療情報提供コンテンツを搭載する事により、MRが行うべきベストディテールに導く事ができる機能を持つサービスです。医師のニーズを把握し、ニーズに対する該当製品のデータ紹介への誘導だけではなく、MRによる医師への会話や説明において、得意不得意に関わらず、優秀なMRが自ら実践している様なベストディテールを多くのMRが実現できる様な仕掛けを有しています。
この機能により、従来MR個人の力量に委ねられていたディテールのレベルを高い水準に導く可能性が期待できる事から、各製薬企業におけるMRの生産性の向上に「1GO1E 2」が大きく貢献できると考えております。

また、アプリケーションと搭載するコンテンツには、予め検証の為に必要なデータが取得可能となるシステムが埋め込まれてある為、「1GO1E 2」を実装するだけで、アプローチやディテールにおいて、効果的な手法が把握できるデータを入手できます。これにより、製薬企業における製品戦略の立案や見直しにご活用頂けると考えております。

「1GO1E 2」は先駆けて紹介させて頂いた企業においては、既に検討も開始され、エイザスではビッグデータによる情報提供の効率化を更にスピードアップさせるものと考えております。

本件に関するお問い合わせ先

エイザス株式会社 
TEL:03-6435-8250/ E-Mail:info@a-zas.co.jp