loading

PRESS ROOM

プレスルーム


PRESS RELEASE

プレスリリース

2014/09/30

エイザス、MRのディテールの詳細をモニタリングできる「1GO1E 2」データアナライザーを提供開始

ー ビッグデータサービス「1GO1E 2」の利用時のMRのディテール状況、マーケティング戦略に関するデータが 製薬会社側でモニタリング可能に ー

エイザス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:西 章彦 以下、エイザス)では、「1GO1E 2」において、MRのディテール状況、マーケティング戦略に関するデータなどを製薬企業の本社側でモニタリングできる「1GO1E 2」データアナライザーを「1GO1E 2」利用企業全てに提供を開始致します。

製品の売上向上に関する数値をモニタリングする「1GO1E 2」データアナライザー

MRが医師に話し掛ける機会(アプローチ)を増加させ、医師との会話をベストディテールに導くようにサポートするタブレット端末上のアプリケーション「1GO1E 2」。既に利用が始まっており、ビッグデータシステムの一面も有している事からディテール状況が数値化されて把握できるようになってきました。
また、データからはMRのディテールレベルを向上させる為に必要となる指標、対象となる製品のマーケティング戦略を強化させていく為の指標等も明確になり、これら重要な指標をモニタリングしていく事が製品の売上向上にとって重要と考え、モニタリングシステムである「1GO1E 2」データアナライザーの提供を開始しました。

ディテール時の課題を随時把握でき、即時ディテール改善が可能なモニタリングシステム

「1GO1E 2」データアナライザーにより、MRのディテールから得られるデータ(コンテンツに埋め込まれたコードとアプリケーションの連動から取得できるデータ)を製薬企業の本社側で常にモニタリングする事ができるようになります。
このモニタリングにより、ディテール回数ではなく、ディテールの質的要素を即時把握できるようになり、更に、マーケティング戦略上の重要な課題等も抽出する事が可能となります。
モニタリングされる指標は、MRの平均ディテール時間、成功するディテールに必要なアプローチの内容、医師の薬剤選択におけるニーズ、そのニーズに適した製品データ、更にはMRがディテール時に困っているポイント、マーケティング戦略の見直すべき課題等、売上向上につながる指標が本社側でモニタリングできるようになります。

今後、全ての「1GO1E 2」を導入している対象製品において、「1GO1E 2」データアナライザーを提供して参ります。また、基本的な指標以外にも、製品の環境や戦略に合わせて、モニタリング内容をカスタマイズして提供する事も可能となっています。 エイザスでは、この「1GO1E 2」データアナライザーを利用する事で、より早く製品戦略を強化でき、MRのディテールの改善や必要となる資材等を提供できるようになれば、製薬企業にとって強力な戦略ツールとなると考えています。

本件に関するお問い合わせ先

エイザス株式会社 
TEL:03-6435-8250/ E-Mail:info@a-zas.co.jp