loading

PRESS ROOM

プレスルーム


PRESS RELEASE

プレスリリース

2015/09/28

「1GO1E」によるMRのディテールの質の向上が売上増加に貢献する事が判明

ー 「1GO1E」によりディテール量を減少させても売上増加に貢献 ー

エイザス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:西 章彦 以下、エイザス)は、「1GO1E」の導入企業における製品売上の検証において、「1GO1E」によるディテールの質の向上が売上増加に影響することが示唆されたことをお知らせいたします。

MRによるディテールのレベル向上をさせるビッグデータサービス「1GO1E」は、順調に導入社数を伸ばしています。また、既に半年で1製品10万回以上のディテールに利用されるようなケースも出てきており、その利用時のデータによってマーケティング戦略の改善等も行われています。「1GO1E」は、今までに無いサービスとして、セールス部門、マーケティング部門の両方のレベル向上に貢献をしており、その利用が拡大され始めています。
特に、「1GO1E」をMRが利用する事で、マーケティング戦略に基づいたベストなディテールパターンを実現する事が可能となります。このことからもMRのディテールの質は大きくレベル向上する事が期待できます。

今回、導入した製薬企業において、「1GO1E」の売上における影響を検証した結果、MRのディテールの質のレベル向上が図られ、「1GO1E」が売上増加に貢献している事が判明しました。
ディテール量においては、「1GO1E」導入6ケ月前の総ディテール数を1とした場合、「1GO1E」導入期には89.4%までに減少しました。また、期間内のディテールのうち、24.2%が「1GO1E」によるディテールでした(総ディテール数は社内報告データ)。
一方、売上においては、移動平均6ケ月での増加した売上数の部分を比較してみると、「1GO1E」導入前よりも9.3%多い進捗を示していました。
以上により、「1GO1E」導入前後の比較において、総ディテール数が減少したのに対して、売上増加額は増大した結果となりました。
この結果についてエイザスでは、「1GO1E」の導入により、MRが医師に対して質の高い医療情報提供を行える様になった事で、単に処方依頼や挨拶程度で終えていたディテールが減り、医師に対してより詳細な医薬品の情報提供を行うディテール機会が多く増加した結果によるものではないかと考えております。今後複数の企業での検証が進む中で、更に売上に繋がるディテールの本質を解明していく次第です。
MRが医師に会い難い現在、MRが製品のプロモーションにおけるメインのチャネルである事を考慮すれば、1ディテールを効果的に行う事は各製薬企業にとっては重要な課題であると考えます。その様な中、今回の結果は「1GO1E」により1ディテールの質を向上させ、処方増加が期待出来る事は、「1GO1E」が各製薬企業の課題解決の手段の1つとして重要な位置付けになる可能性を示す事になったと考えています。
エイザスとしては、「1GO1E」の今後の利用拡大により、MRのディテールをより効果的にしていく事により、製薬業界における医薬品情報提供の向上に大きく貢献できるようにしていきたいと考えております。

本件に関するお問い合わせ先

エイザス株式会社 
TEL:03-6435-8250/ E-Mail:info@a-zas.co.jp