loading

PRESS ROOM

プレスルーム


PRESS RELEASE

プレスリリース

2016/03/16

エイザス「1GO1E」利用頻度と売上げ増加の相関性が立証される

ー 「1GO1E」によるベストなディテールの再現は、売上げ増加に貢献する事が分析結果より判明 ー

エイザス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:西 章彦 以下、エイザス)は、「1GO1E」利用クライアントにおける「1GO1E」の利用頻度と売上げの伸びを分析し、「1GO1E」の利用頻度が増加するほど、売上げの伸びが増加する事を検証結果として得ました。

市場調査のコストをかけ、マーケティング戦略を強化しても現場でMRが正しくメッセージを伝達できなければ売上げ増加への効果は減弱します。本来、売上げ増加につながるベストなディテールとは、医師の考えやニーズを聞き出し、それに合わせて製品の特長を伝達していく事です。しかし、実際は多忙な医師に質問してニーズを聞き出す事が難しく、一方的に製品紹介を行うディテールになってしまう事が多くみられます。また、タブレット端末を導入したディテールに関しても単にスライドを見せるだけ、アンケート調査を行うだけであったりと、ベストなディテールを再現させる仕組みになっていないのが現状です。

エイザスの提供するビッグデータディテールツール「1GO1E」は、マーケティングサイドにおいて、MRがディテール時に利用するだけで、マーケティング戦略に関するデータを取得できる利点を有しています。しかし、同時に、「1GO1E」は、セールスサイドにおいては、医師の役に立つ医療情報を提供し、その中で医師の治療に対する考えや医師の薬剤選択時に重要視している状況が聞き取れ、また、その考えや重要ポイントに対して、適した製品情報を届けるという本来あるべきベストなディテールを実現する事ができる仕組みを有しています。実際に、利用したMRからの感想も「医師からニーズが聞けた」、「医師と治療に関してディスカッションできた」等の声が多く聞かれます。

今回、「1GO1E」利用企業で、1MRあたりの利用回数と売上げ増加を検証した結果、「1GO1E」の利用頻度が高い程、売上げの伸び率は平均よりも高い事が確認されました。
分析内容としては、「1GO1E」利用後、6ケ月間で各支店の1MRの利用頻度と支店の対象製品の売上げ増加(6ケ月移動での売上げの伸び率)を分析検証しました。検証の結果、MRの利用頻度が平均よりも高い支店では、売上げの増加が平均よりも高く、統計的解析の結果においても「1GO1E」の利用頻度が高くなると売上げの増加も高くなるという正の相関がかなりある事が判明しました。尚、今回のプロジェクトにおいては、1MRの「1GO1E」利用ディテールは、月間平均38回でした。

今回の検証により「1GO1E」でベストなディテールを再現する頻度が増えた事により、売上げが増加した事と考えられ、MRが単に一方向に製品を紹介するよりも医師のニーズを把握し、そのニーズに対応した双方向のディテールを行う事が売上げの増加に重要な要素である事を示唆していると思われます。

インターネットによる製品プロモーションが出現した後も、MRはプロモーションチャネルとしてのシェアも高く、インパクトもeディテールの数倍と言われています。医師との面会が困難になる現在、このメインとなるプロモーションチャネルをよりパワフルにしていく事は、製薬企業のマーケティング、プロモーションを行う方々にとっては最重要課題の1つとなってきています。そのような中、今回、「1GO1E」によりMRのベストなディテールの頻度を向上させる事で、売上げを増加させる事が立証されました。エイザスでは、今後はディテール数のみでなく、質の高いディテールを再現できるかどうかの各社が抱える課題を「1GO1E」が解決していく事に役立ち、その利用が拡大されていくと考えています。

本件に関するお問い合わせ先

エイザス株式会社 
TEL:03-6435-8250/ E-Mail:info@a-zas.co.jp