loading

PRESS ROOM

プレスルーム


PRESS RELEASE

プレスリリース

2016/05/11

「1GO1E」が医師ニーズを変化させ、ディテールを向上させる事を立証

ー 「1GO1E」は、治療関連情報の提供時に医師ニーズを自社製品サイドに変化させ、製品ディテールの効果を向上させる事が判明 ー

エイザス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:西 章彦 以下、エイザス)は、「1GO1E」に関するクライアントの利用データの分析から「1GO1E」での治療関連情報提供により、薬剤選択ニーズが競合製品サイドの医師の半数以上を自社製品サイドのニーズ項目を重視する考えに変化させ、その後の製品ディテールの効率を約20ポイント向上させたという分析結果を得ました。

訪問規制の強化等もあり、MRが医師にディテールする機会は減少してきており、1ディテールのレベル向上は各社にとっては大きな課題となっています。
効果的なディテールを行う為には、製品情報の提供前に、薬剤治療に関する情報提供を実施し、そこで自社製品を選択する薬剤選択ニーズ項目の重要性を医師に理解してもらう必要があります。このアプローチ部分をしっかりと行わず、いきなり製品情報を紹介しても一方通行な情報提供となってしまいます。現在、医師ニーズを変化させるこのプロセスはMR個人の判断と力量に任されている為、全体として効果的なディテールを実現させる事は難しいと言われています。

エイザスの提供するビッグデータディテールツール「1GO1E」は、マーケティングサイドにおいて、MRがディテール時に利用するだけで、マーケティング戦略に関するデータを取得できる利点を有しています。同時に、セールスサイドにおいては、MRがベストなディテールを実現出来るという利点もあります。「1GO1E」は、従来存在しなかった薬剤に関する疾患関連情報、治療情報をMRが簡単に紹介できる機能を持ち、また、そのプロセスの中で医師の薬剤選択ニーズを見つけ、それが競合サイドの考え方の場合は、自社製品の選択に繋がる薬剤選択ニーズの重要度を強く認識させ、製品ディテールを効果的にする仕組みを有しております。
今回、「1GO1E」利用企業のデータ分析から、「1GO1E」での治療関連情報の提供により、競合サイドの薬剤選択ニーズを持つ医師の半数以上を自社製品サイドの薬剤選択ニーズ重視に考えを変化させる事が出来、また、その後のディテールを約20ポイントも効果的に実施できたという結果が確認されました。

分析は、「1GO1E」利用企業でマーケティング戦略をディテールに落とし込んだコンテンツ利用時から得たデータにより行われました。
まず、MRのディテール時に「1GO1E」利用による治療関連情報提供において、競合製品を選択する可能性が高い薬剤選択ニーズを持つ医師を見つける事が出来、その数値は競合製品の売り上げシェアと同等であり、市場状況を反映している事が確認されました。
更に、競合製品サイドのニーズを持つ医師を100%として、このグループに医師が監修した治療情報を正しく伝えた結果、半数以上が自社製品を選択するニーズ項目をより重視するように変化させました。MRが医師の治療に対する考えを変化させる事は大変困難ですが、「1GO1E」が持つ機能により、双方向性のコミュニケーションを実現可能とし、医師の考え方を変化させる事が可能となったと考えられます。
また、製薬業界全体にとっても重要な発見もありました。それは、医師が自社製品を選択するニーズを持たないままに製品紹介を行った場合、ディテールが医師に問題なく伝わる確率は約30~40%に過ぎず、逆に、自社製品を選択するニーズに変化した後であれば、約60%に伝わるという結果を得る事が出来ました。この結果数値は、製品の状況等で多少変化する可能性はあると思われますが、事前の治療関連情報提供の重要性と、その時に医師に自社製品を選択する項目の重要性を強く認識させる事が、ディテールの成否に大きく関与している事を示していると考えられます。

現在、1ディテールのパワーを向上させる事は各企業にとって重要な課題となってきております。パンフレットやPDF化されたスライドで単に製品情報を届ける一方通行のディテールではなく、医師にとって価値ある医療情報を届け、そのプロセスの中で医師に自社製品を選択するニーズの重要性を理解させる事が、製品ディテールを効果的にする為に重要であるという事が、今回の結果から分かってきました。
しかし、このアプローチに関しては、正しく実現できるツールは存在せず、その問題を改善する為に開発された「1GO1E」はその利用データからも効果的なアプローチの実現を行えるツールである事が証明されました。現在、この点に関心を持たれている企業も多く、エイザスでは今後の製薬業界におけるディテールを正しく実現する為に、更なる利用拡大が行われると考えています。

本件に関するお問い合わせ先

エイザス株式会社 
TEL:03-6435-8250/ E-Mail:info@a-zas.co.jp