loading

PRESS ROOM

プレスルーム


PRESS RELEASE

プレスリリース

2017/07/20

エイザスのAIが講演会やインターネット等の効果を評価可能に

ー 『Forecast-A1』のAIにより施設毎でのイベント、チャネルの効果分析が可能に ー

エイザス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:西 章彦 以下、エイザス)が提供するAIサービス『Forecast-A1』により、講演会、医局説明会、インターネットプロモーション等の効果を指標化する事が可能となりました。これにより処方獲得の為に優先すべきアクションが明確になり、全社予算の効果的な配分が可能となってきました。

医薬品業界においてMR以外のプロモーション手段としては、講演会、医局説明会等の各種イベント、また、インターネットによるディテール等があります。しかし、これらアクションについて、処方に対する効果を評価する適切な方法がありませんでした。その為、効果に疑問を感じるアクションであっても継続していたり、また、逆に効果的なプロモーションがあっても集中したりする事が行われていませんでした。
特に、全社的にはこれらのイベント、チャネル利用は、予算の大きな部分を占める事から、効果的な予算配分を可能にする為にも各種イベント、プロモーションチャネルの処方へのインパクト評価を望む声は、多くの製薬企業から聞かれていました。

『Forecast-A1』は、AIにより各施設の0プロモーション売上げモデルを解析する事が可能な為、講演会等の各種イベント、インターネットによるディテール等の実施時の効果も分析し、指標化する事が可能となっております。
具体的には、各施設において、それぞれのアクションがどの程度の処方に影響を示したのか、また、そのアクション実施からどの程度のタイムラグで売上げに影響が出るかを分かり易く提示されます。この指標を利用して、MRは効果的に施設の売上げを向上させるためにどのアクションを優先するべきかを処方獲得の可能性から判断できるようになります。
また、全社としても各イベント、プロモーションチャネルの評価を統合して確認できる事から効果的な予算配分の為に重要な指数を手に入れる事が可能となります。

『Forecast-A1』については、既にAIによる医師の処方量の解明、施設の売上げ低下リスクの機能を発表しておりますが、このイベント、チャネル評価も多く企業から高い評価を頂いております。

エイザスでは、このAIによる効率的なプロモーション配分の実現は、今後厳しい環境に向かうと言われている製薬業界にとって効果面、コスト面からも重要な指標になると考えております。

【訂正とお詫び】
当該プレスリリースにおいて、一部誤りがありましたので、訂正をさせて頂いております。深くお詫び申し上げます。

本件に関するお問い合わせ先

エイザス株式会社 
TEL:03-6435-8250/ E-Mail:info@a-zas.co.jp